まだまだ流氷

おはようございます
本日も清々しく晴れている知床らうす
お洗濯日和
らうす峠は
DSCF9158.jpg
今日も雪解けを助ける太陽の光が燦々と

天気予報は晴れ時々曇り
予想最高気温は10℃

晴れて日中は穏やかな陽気で、行楽・お出かけ日よりでしょう


そうだった…
GW前半
お洗濯しているよりもお出かけしたくなりますよね^^

そんな春のお出かけに是非
未だ残る流氷を見に知床らうすへ足を運んでみてはいかが?

行ったり来たりしている流氷は
ところにより座礁して
その場で積み重なり
氷山のようになっているところも

我が家の窓からも漂う流氷が見えたので
今朝は「国後展望塔」で観察

DSCF9149.jpg
霞んで沖のほうは見えず
国後島も水平線もぼんやり

流氷の姿も霞んでいますが
沖にもかなりの量の流氷があります
DSCF9150.jpg
うっすらと見える国後島の稜線
海には漂う流氷

春の流氷は
DSCF9151.jpg
薄く(とはいっても結構な厚さですよ^^;)
少し頼りなく
すぐに融けてしまいそう…なはかなさを感じるのは私だけ?

道の駅「知床・らうす」の前にも座礁氷
DSCF9152.jpg
赤丸が道の駅です

道の駅からの流氷は
DSCF9156.jpg
こんな風に見えます
沖の方に多くの流氷
手前は座礁した氷

この流氷の影響で
道東各地
もちろんここ知床羅臼町も
漁具被害が出たり漁に出られなかったり
大打撃となっています(T^T)
漁師さんには厄介な流氷ですが
GWに流氷が見れるなんて数十年ぶりだとか
これは見物しない手はないですね

流氷の後はらうす峠茶屋で
名物のハモを食べるもよし
期間限定の鹿&トドを食すもよし
コーヒーブレイクも
是非お立ち寄りくださいね

おまけですが
展望等で流氷観察をした後
鳥のさえずりの聞こえるほうへ目をやると
少し大きめな鳥が見えたので
そぉ~っと近づいて撮影
朝日の逆光でなかなか上手く撮影できず苦戦
出勤時間が迫っているというのに
遅刻覚悟で何度かチャレンジして
2種類の鳥を撮影しました

が…
1種類はどーやっても
どう手を尽くしても
木の枝が邪魔して姿を確認できず(-_-;)

でもう1種類がこちら↓
DSCF9145.jpg
崖に立つ木に止まっていって
あまり近づくことは出来なかったので
写真はトリミングしていますが

早速図鑑で調べてみると
「キレンジャグ」という鳥のようです
立派なリーゼント(?)と尾の先が黄色

ねむろバードランド/ねむろ地域『鳥』データベース
で見てみると
知床らうすではあまり見られない鳥だということで
もしかして初めて「レア」な出会いになった?
と朝からテンションがあがっております^^;

ってことで
これかららうす峠茶屋のあるみどりの村周辺でも
レアな出会いを求めて散策を開始します
もちろん長靴で
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)