読めるかな「蒲公英」?(QωQ;)?

こんにちわ
清々しい青空で朝を迎えた知床らうす
ですが
現在のらうす峠は
DSCF2959.jpg
徐々に登場してきた雲に覆われはじめ
DSCF2970.jpg
太陽はこのモコモコに中です

天気予報は曇り昼頃から雨

降水確率40%
予想気温 最高/最低
17℃/9℃

あいにく下り坂で午後は雨が降るので
傘を持ってお出かけください

目覚めた時は快晴で太陽に向かって深呼吸
今日のやる気を注入したのですが…
お天気下り坂(ノ∇≦*)アチャァ!
やる気だけは下り坂にならないように〝(g>ω<)g〟ファイトッ♪

元気をくれるのは太陽だけではありませんね^^
突然ですが皆さん
タイトルの「蒲公英」←読めました?
正直私は読めませんでした(^////^)\

「蒲公英」の正体は
らうす峠茶屋のあるみどりの村に
DSCF2904.jpg
緑地にあるベンチに座ると見える景色
DSCF2905.jpg
春の花がまだ楽しめる知床らうす
DSCF2906.jpg
こんなにもたくさん黄色いじゅうたん
DSCF2901.jpg
公衆トイレの奥には
DSCF2902.jpg
「蒲公英」ロード

地上に咲く太陽
そうです「蒲公英」→タンポポと読みます
PCの変換では出てきますが
漢字に変換したことなかったですねぇ~

花言葉は「思わせぶり」、「神のお告げ」、「別離」、「愛の信託」etc...
その昔ヨーロッパでは花占いに使われていたことから
神のお告げ・愛の信託などの花言葉が付いたそうです( ̄_ ̄)-┐〃ヘェ
「離別」と言うのは綿毛が飛んで行くさまからきたようです

この漢字の「蒲公英」は
開花前に採り乾燥させたものを漢方として用いられ
その名前が「蒲公英(ほこうえい)」といい
それで「蒲公英(タンポポ)」と表現されるようになったとか

調べてみると面白い
身近すぎて知らなかった蒲公英

春一番に咲く蒲公英
初夏の現在も緑地に彩を添えてくれています

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)